歯先・歯面をワークコイルで挟み、焼入れ温度に達したら冷却材を噴射する焼入れ方法です。
モジュールは小さくても外形の大きいギヤ、あるいはリングギヤのように”浸け込み”や”移動噴射”では歪みが大きく出るギヤ、インターナルギヤ、ラックギヤ等に対して行うことの多い方法です。

左は、RS120スプロケット、歯数121(2段)

 ・材質:SCMn5
 ・モジュール:14
 ・歯数:150
製品紹介のメニューへ戻る ウオームギヤの焼入れを見る



熱処理のことなら info@kosyuha.co.jp
ホームページに関することなら webmaster@kosyuha.co.jp
Copyright(C) 2000 東岡山高周波工業株式会社
All rights reserved.